【快適住まいづくりナビ】住み良い家のためのリノベーション

インテリア

住み心地が良い

一軒家

土地事情や住環境、あるいは家を建てる技術の発達によってさまざまな種類の住宅がありますが、ここでは高気密住宅というものを取り上げてみましょう。高気密住宅は、気密性の高い住宅というのは字面から判断できると思いますが、「気密性が高い」というのはどういうことを指しているのでしょうか。話は「エコロジーと住み良さ」みたいなところからはじめなければならないでしょう。夏は暑く冬は寒い四季折々の風景や風情を楽しむことが出来る日本の、それは気候的なひとつの特徴です。その暑さや寒さから身を守り、快適な生活が可能になるように我々はエアコンを使います。ですが、エアコンの電気使用量や排出する二酸化炭素量が環境に影響を与えているという話は聞いたことのある人も多いと思います。このような状況の中でエアコンの電気消費量を抑えることが出来る、つまり少ない電力で効果の高い温度調節が出来る構造というものが発明されました。それが建物の機密性、断熱性を確保する構造の高気密住宅なのです。壁材や屋根材を断熱性の高いものにし、また極力、建物の隙間を減らすことによって外の気候が内に影響を及ぼさず、少ない電力で十分に暖かく、涼しくすることが出来る住宅が完成したのです。