【快適住まいづくりナビ】住み良い家のためのリノベーション

インテリア

都心部に多い住宅

スーツの男性

一般的な住宅では2階建てあたりが基本であるところ、狭小住宅は基本的に3階建てになっています。高くせまい狭小住宅ですが、過ごしやすくするためには、リノベーションの力が必要になります。

Read More

住宅をリノベーション

作業員

多様化の時代とか技術の発達とか、いろんなことも相まってさまざまな業界や分野で住宅の種類が増えています。「ナントカ住宅」という名前はいくつかありますが、その中でも特にここではちょっと互いに関係を持ってる、高気密住宅と狭小住宅というのをご紹介したい。高気密住宅と狭小住宅は、書いてある文字だけでどういう住宅かっていうのはだいたい察しのとおりだと思うんですけれど、一応この二つがそれぞれどういう住宅なのか、言葉から見た説明をしてみましょう。まず、高気密住宅というからには、「気密が高い」ということになるでしょう。「気密が高い」というのは、外から内をバッチリ守れる、ということを意味しています。高気密住宅というのは、外からの守りに長けている家という感じのようですね。一方、狭小住宅は、「狭い」と「小さい」という致命的なんじゃないのかコレは?というような名前になっています。狭小住宅というのは文字通り、狭くて小さい家にほかならないのです。なぜこのような二重苦を背負った家があるのかというと謎が残りますが、リノベーションを行なうことで暮らしやすい住まいに変身します。リノベーションというのは、住宅用語的には家を作り変えることを指します。狭小住宅のリノベーションは、狭小に屈せず住宅で在り続ける工夫である、と言い換えてもいいかもしれません。

開放的な空間を作る

住宅

工夫してリノベーションを行ない住みやすいさを追求するためには、住宅の欠点をメリットに変えなければなりません。一般的に室内が狭いとデメリットとして捉えられる場合がありますが、リノベーションを行えばメリットに変化させることができます。

Read More

住み心地が良い

一軒家

最近では高気密住宅という住宅にリフォームする人が増えています。このような住宅に施工してもらうと、外の気候が内に影響を及ぼさない、少ない電力でじゅうぶんに暖かく、涼しく生活することができます。

Read More